第5回プロジェクト(コーペルコチア&ジガンテス編)

ブラジル1日目の午後。

グスターボに運転してもらい、小島とコーペルコチアへ移動です。

アニャンゲーラから車で40分ほど。

そこで、グスターボが指導するジガンテスが、コーペルコチアと練習試合をしているとのことなので、2地域まとめての寄付をしました。

上がグスターボが指導するジガンテス。

下がコーペルコチアです。

みんな嬉しいそうに、グローブを手にしてくれました!!

でも、ここで私は、衝撃の光景を目にする事になるのです!!

試合をしているときは、一切に気にならなかったのですが、

贈呈式で記念撮影をしたときに、見てしまったのです。

わかりましたか!?

野球のスパイクじゃない。。。。

これは、サッカーのスパイクです!!

ブラジルは、たしかにサッカー大国です。

でも、野球やっているのに、サッカーのスパイクを使用。。。

理由をグスターボに聞きました。

「ブラジル野球は、別に決まりはないから、どんなシューズを履いてもいい。野球のスパイクは、あまり出回っていないし、高いから、買えない家庭が多い。サッカーなら比較的安く買えるから、それを使用しているんだよ。」

なるほど、、、

本当にブラジルで野球ができるって、すごく喜ばしい事なんだなと実感。

野球のスパイクも用意して、寄付したい!という気持ちもあるけど、サイズも限られてしまうし、喧嘩になってしまうと言われ、

グローブとボールの寄付を今後も行うことを、それぞれの地域に誓いました!!

今度はもっとゆっくりきてよ、とみんなに言っていただき、すごく嬉しい気持ちになりましたが、

空港を出てここまで、休む事なく活動し、この日の夜に、バスで8時間かけて別の地域に移動するのです。

次は、グアララペス編です!!

0 返信する第5回プロジェクト(コーペルコチア&ジガンテス編)"

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©queeenfunding.com
X